brilliant violet*

推しのことをつぶやきたい。wordpressから移転しました。

『イノサン』ミュージカル化と聞いて、配役妄想!!(恒例)

 

漫画『イノサン』が宮本亜門さんによってミュージカル化すると話題になっていましたが、作画がわたし好みすぎて、いまさらですが読み始めました、たんしおです。

 

 

ほんとうに作画が美しくて、それでいてわたしが大好きなフランス革命のお話。わたしが好きにならんわけないやんってことで、すっかりはまりました。ただ、なかなかのグロいし、ページめくったら突然グロいみたいなのもあるけど、それ以上に登場人物の美しさったらない。たまに突然始まるミュージカルが癖になるのと、歴史上の知ってる人たちが何人も出てくるのが楽しいんです。

あとは、舞台とか本とかマンガとか・・・いろんなフランス革命摂取で得た知識も生かされつつも、処刑人という新たな視点からのお話、新しい。主人公のひとり、シャルルは世界で2番目に多く処刑した人でありながら、死刑制度には反対だったという人物。それだけでもぐぐぐっと話しに引き込まれるのに、ルイ16世も、マリーアントワネットもロベスピエールも、サンジェストも彼が処刑執行したっていうのが!!すごい人だよ、、、!

▼くわしくはこちらからどうぞ

イノサン公式ファンサイト

ヤングジャンプで大好評連載中の『イノサン』の公式ファンサイトです。『孤高の人坂本眞一の最新作の題材は、フランス革命の闇の立役者、国王ルイ十六世の首を刎ねた死刑執行人シャルル-アンリ・サンソン。その世界を、より深く楽しむためのコンテンツを随時公開します。

[itemlink post_id="3730"]

 

ミュージカル化する必要ある?!?!って思うくらい、漫画のなかで美しさが完結しているけど、それをミュージカル化するというんだから相当力入れているんでしょうね、、、!

この残酷をすえみつおじさんはどう表現するのかみたかったな~とか、作画の美しさに特化するなら広田レオナさんのキャスティングと世界観でみたかったな~~とかいろいろ思いながら終始読んでるんですけど、演出は宮本亜門さんとのこと。まったく想像がつかない!どうかキャッチーな感じとか、プロジェクションマッピング使いまくり近未来ミュージカルみたいなのにはしないでくれ、、、笑

あと、『イノサン』は宝塚で実写化してほしかったよ〜〜って声を結構見かけたけど、宝塚だと残酷な話の部分がかなり丸められちゃう印象があるから、個人的にはこれでよかったと思っています。『イノサン』から残酷さとったら美しさが欠けるもの、、、!トップ娘役さんがマリー(どっちの?!?!)演じるのも・・・だし、シャルルの闇背負ってるもはや死神のようなトップさんの姿なんて観たくないし、、、!宝塚は残酷とはかけ離れた、感動的なお話かハッピーなお話してくれれば良いの・・・!!!(自論です。笑)

それにしてもパリ公演とは大きく出ましたね、、、生半可な配役じゃないんでしょうね?!?!?(脅し)ということで(???)、恒例の配役妄想をします!!!!

パリまで行くんだから、知名度無視の究極の再現率で挑んでほしい、個人的願望を詰め込みました。笑

 

シャルル=アンリ・サンソン/村田充

シャルルは充さんぴったりすぎだと思うんですが、、、!!!いかがでしょうか!!!!個人的に充さんの演技が好きでね、、、闇落ち感もたまらんのですよ。(さあやと夫婦共演の朗読劇「頭の中の消しゴム」観に行きたかったよ、、、)

マリー=ジョセフ・サンソン/美弥るりか

ほんとは第一印象からマリージョセフはりょんさんしか!!!と思ってたんですが。漫画を読んでマリーが女性と知るという、、、笑

いくらりょんさんが女性並みに美しくても、マリーはその時代に抗わない強い女性だから、そこはちゃんと女性が演じてほしいし(時代の流れ的にも)、副題が「女神たちが”自由”と”美”を歌う」だから、シャルルよりも、マリーがメインっぽいんだよなぁ、、、てことでそんな強い女性像にぴたっとあてはまってくるのが宝塚の男役OGしかいないと思うんですよね。それで誰がいいかな~~と悩んでたんですが、ふと思いつきました。

 

もうこれは美弥るりか様しかいないのでは、、、

 

退団1作目にふさわしいし、華々しく飾ってほしい。。。ブロンドで刈上げ、、、絶対似合うでしょ、、、!!!!ちょうど「Rurifull」見ながらこんな世界観創り出して、それでいて似合ってる人にマリーが合わないわけない!!!ってテンション上がってました。笑

アンヌ=マルト・デュビュ・サンソン/壮一帆

完全にTRUMPシリーズ『マリーゴールド』のアナベルのイメージで、壮さんにはラ・グランドゥ・マルト(偉大なるおばあさま)をしてほしい、、、ほんと怖すぎる存在だから、どっしりとした女性希望で。オサさんでもいいですね、、、

シャルル=ジャン・バチスト・シャンソン岡幸二郎

りょんロベピのお顔を踏みつけたペイロール伯爵な雰囲気が好きだったので、岡さんが三代目ムッシュ・ド・パリであってほしい!!!

サンソン一族/三浦涼介、玉城裕規

美弥ちゃんとりょんさんっていうわたしの推したちの主従関係がみたいっていう単純な性癖だけでりょんさんをアンドレとしたけど。笑 正直ブロンドのロングヘアが抜群に似合うりょんさんはサンソン一族であってほしい気持ちも抑えきれなかった結果です。笑

たまちゃんは隠しきれない美しさとにじみ出る悪役感をもってして叔父の二コラを演じてほしいし。

アラン・ベルナール/陳内将

陳ちゃんは黒塗り似合うし、クラウスでは封印していた天性のお日様オーラをぜひアランで生かしてほしい!!!

ルイ・オーギュスト/立石俊樹

美しすぎるルイ16世もいてもいいよねってことで立石様。漫画のルイ16世綺麗すぎて、聞いてた話と違う!!!!って思ったから、もう正真正銘の王子様を抜擢して!!!!笑 といいつつ、あんなキラキラ王子様な見た目なのに、実はメンヘラってる姿が見たいだけ。(悪趣味)

マリー・アントワネット田村芽実

そしてマリーアントワネットには田村芽実ちゃん。純粋に芽実ちゃんのマリーが見たいんです。

・・・いかがでしょう。すごいわたしの趣味趣向が全面にでている。笑 でも顔面の再現率にわたしは満足しています、、、、!笑 (毎回1人は当たってるからそろそろ調子乗ってきている。笑)

深くは考えずに思いついた人を挙げていってます。笑 フェルゼンはちょっとキャラが強すぎるので(登場の第一声が記憶にこびりついてる。笑)、やめました。笑

いつもだけど全体的に若すぎるな!?!??!笑

そしてキャストのスケジュール都合は全く考慮してません、、、!ただりょんさんと芽実ちゃんはぎりぎりまでラヴロス舞台だから可能性は低いですね。いいの!!!当てるためにやってるわけじゃなくて、あくまでわたしの願望だから!!!笑

はぁ~~それにしてもいつもながら楽しかった、、、皆様のご意見もお聞かせください!それではまたキャスト発表時のときに答え合わせしましょ~~~!!!

そういえば、5月末にチケット受付だったのが6月に延期になっていますね。。。大丈夫なのかしら。原作が素晴らしいだけに舞台が爆死しないことを祈るばかりです、、、運営さんしっかり頼むよ、、、!!(よくない噂を聞いたので、、、)