brilliant violet*

推しのことをつぶやきたい。wordpressから移転しました。

『ヘアスプレー』メインビジュアル&公演情報公開!!!そして公式からブラックフェイスについて言及も。

 

待ってました〜!!!遂に『ヘアスプレー』のスケジュールおよびキャストメインビジュアルが公開されました!!!!

まずはスケジュールについて。もともと発表されていた東京公演に続いて、大阪公演が追加されました!!₍₍( ´ ᵕ ` *)⁾⁾ これは朗報〜〜〜!!!あわよくば地方でも公演を・・・なんて夢にみてます。笑

<東京公演> ■公演期間 2020年6月14日(日)〜28日(日) ■会場 東京建物 Brillia HALL(豊島区立芸術文化劇場)<大阪公演> ■公演期間 2020年7月5日(日)~13日(月) ■会場 梅田芸術劇場メインホール

そしてメインキャストビジュアルについて!!!!

おおおおぅ!!! 原作ヘアスプレーの世界観そのままに、もうすでに楽しそうな完成度・・・!なんなのこれは・・・! めいめいのアンバーなんて可愛いに決まってるよなぁ・・・ あとは、三浦宏規さんのリンクが気になって気になって仕方ない。というのも、わたしの中のリンクはもうザック・エフロンでしかなくてそれ以外受け付けれない気持ちなんですが(同担拒否みたいだな。笑)、そんなわたしをどう攻めてくるのかが楽しみです。笑(なんてめんどくさい女。)

そしてそして、壮ちゃん!!! 地毛くるくるなシーウィードで驚きました。てっきり原作に寄せてソフト坊主くらいなのかと思いましたが、むしろこちらのほうが◎◎◎

と、ここであれ???と。ヘアスプレーの舞台となる時代は人種差別が色濃く残る1963年で、トレイシーが人種差別や偏見に立ち向かうお話だけど、他のキャストの壮ちゃんもだけどみなさんも肌の色が白いな・・・?と。シーウィードは当たり前に黒塗りメイクだと思ってたのにどこか違和感を覚えたのはここだったのかと。そんな違和感の回答が公式から出ていました。

https://www.tohostage.com/hairspray/letter.html

お話自体ががらりと変わってしまうのかと思っていましたが、全く違いました。というか、そもそも観点が違うじゃないか。

わざわざブラックメイクをしなくても、舞台上で繰り広げられている虚構の世界の中に役者も観客も入り込んでしまえばメイクなんて関係ないですもんね!!!”不信の一時的停止”。衝撃。なんにも考えずに当たり前にブラックメイクをするもんだと思っていた自分が恥ずかしいですね・・・このメッセージは他の舞台へも影響を与えるのではと思います。なんだかこの宣言だけでもヘアスプレースタッフ陣推せますね・・・ よく考えたら黒塗りありき?のお話結構ありますよね(;^ω^)

とまあ、似合わない真面目な話はここまでにして。主演が渡辺直美さんってこともあり、宣伝でのTV出演とかあるんじゃないかと、かなり期待しておりますよ!!!!続報を待ってます!!!(勝手に。笑)

[template id="219"]