brilliant violet*

推しのことをつぶやきたい。wordpressから移転しました。

美弥るりか様登場の『Numero』と朝美絢様登場の『25ans』を手に入れた〜!!!

 

富山は雑誌の発売日が都会よりも1日遅く発売されるのをすっかり忘れて、すごく楽しみに発売日に本屋へ行ったら無駄足を踏みました、たんしおです。そして今日も本屋に出向いてゲットしてきましたよ〜、Numero!!!

でもなぜか同じ28日発売の25ansはあったんだよなぁ、不思議です(・o・;)

朝美絢/25ans

あーさかっこよい…ん゛ん゛ん゛〜〜〜〜〜!黒髪横顔!!!!最高 OF 最高!!! 失礼しました、語彙力を失いました。笑

しばらく舞台上のあーさを観にいけてないけれども… でももはや、これからどうなっていくのだろうという期待しかないですよね?!?!?!(圧という名のアンサー)

フォトブックも楽しみで仕方ないです!それはまた後日に♪

[itemlink post_id="4072"]

美弥るりか/Numero

伝説の男役なんて、、、そんな多方面にマウント取りに行かないで〜〜〜(いや、事実なんなんだけど〜!!!!!笑)って思ってたんですが。笑

10Pの大特集大変素晴らしかったです、ごちそうさまです。メイクもファッションもNumeroに浮くことなく溶け込んでいて、でもTHE 美弥るりかで。とても見応えありました!! この特集以外の他のページもぱらぱらみたけどNumeroの雑誌自体も美弥ちゃんのファッションのイメージに近いなぁって思いました。

やっぱり卒業したら少しずつでも女性っぽくなるんだろうか(うん、女性なんだけど(;^ω^))と思ったんだけど、中性的な美弥ちゃんを生かしたプロデュース力に脱帽です。スタッフさん最高。ファンの需要と美弥ちゃん&スタッフさんからの供給がぴったりと合わさっているような。これもファン思いの美弥ちゃんらしくて勝手にほっこりしました。

そうそう、以前インスタストーリーに上がってた華麗なるマント捌き、ようやく観れましたね、拍手喝采。ほんとあんなマント捌き素晴らしいの、三浦涼介さまと美弥るりかさまくらいだよ、本当に!!!!(弊社比)

あとオフショル抜群に似合ってるのに、なぜか違和感を感じてたのは宝塚時代には肌をなるたけ見せないようにしてたからかぁ〜〜とか卒業してからの美弥ちゃんのファッションに対する新たな挑戦を垣間見えて、これから先もどんな美弥ちゃんが見れるのかワクワクしました!!

[itemlink post_id="4073"]

こちらから少しだけチェックできます。 https://numero.jp/news-20191028-rurika-miya/p3

はやくあーさフォトブック届かないかな〜〜美弥ちゃんとあーさ対談も楽しみですね♪

[template id="219"]