brilliant violet*

推しのことをつぶやきたい。wordpressから移転しました。

【ネタばれあり】COCOON月の翳り星ひとつ②月の翳り編 #TRUMPシリーズ

 

サザステ(舞台版サザエさんへの2.5次元俳優抜擢(しかも刀剣出身)がじわじわきてます、たんしおです。

明治座、いつも空席が結構あるんだけど、こればかりは満席になる予感、、、!明治座の本気が伝わってきます。笑 それにしても顔面偏差値高すぎる磯野DNA・・・頼むからイケメンたちの無駄使いはしないでくれ!!!!笑

 

 

さて、本題に入る前に!前回同様にネタばれガンガンしていくので、以降読む方は覚悟お願いします・・・(責任は負いません。)今回シリーズばかりはネタばれは推奨しませんので・・・  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前回の感想記事書きながらグランギョってたんですが、グランギニョルで繰り広げられていた何気ない会話とか何気なくない会話とか(笑)、今回繭月星でなんかもういろいろ回収されているということに気付きました。はぁつらい。2年前の作品でもう何回も観てるのに、新たな発見することってある?わたしの理解力と記憶力が乏しいせいで何度観ても違った感情を抱いてるだけなの!?!?笑

さて、気を取り直して、今回は月の翳り編の感想&考察を。

わたしがまだシリーズ通しての考察足りてなくて???な部分が多いのが悔しい!!(勘違いなどあればご指摘ください、、、)やっぱりもう1回は見ておきたいんだけど、仕事なんとかしてライビュ行こうかな・・・(チケットまだあるし、、、!)

繭月を一言で無理やりまとめると、 しんどいオブしんどい、です。(雑)

誰だ、フラットな気持ちで見れるって言ったやつ!!!(わたし。笑)感情ぐちゃぐちゃにかき混ぜられたぞ!!!!!そしてアンジェリコ!!!!好きだ!!!!!!ってなりました。(アンジェリコの女の誕生。)

こんなにもグランギニョル、というかダリちゃんはまだしも、フリーダ様、そしてゲルハルト様がん絡みしてくるなんて思ってなかった、、、!(物理的ではないといえど。) まあ冷静に考えると、繭月はラファエロとアンジェリコの話なんだからその親たちが出てくるのは当然といえば当然なんですが。期待はしてたけど、こんなに??こんな形で???って思いました。そして彼らにとっての親が与える影響力の大きさが想像以上だった・・・!

ひとまず箇条書きでまとめます、スタート!!!

ラファエロの重度繭期

まず、D版TRUMPを知る限り、ラファエロよりもアンジェリコのほうが繭期こじらせてる印象だったけど、ラファエロがクランに来た頃は、むしろラファエロのほうが繭期こじらせていて驚きました。その反対にアンジェリコが大人しい。わたしの知っている狂ったアンジェリコとこのアンジェリコは同一人物なのか???ってくらい。以前まで抱いていたアンジェリコに対する印象がとてもとてもいい方向へ変わり、むしろなんかもうかわいいしかない。繭月アンジェリコからにじみ出る、ラファエロ大好き!!!パパ大好き!!!!それ以外は僕の世界に入ってくるな〜〜!!!な感じがとてもかわいいんだ。一気に好きになりました。

わかってくれるのはラファエロだけ

ラファエロがクランに来たばかりのころは、デリコ家次期当主として頑張らなくては!!!お父様に認めてもらうんだ!!みたいな、とってもテンプレ優等生で。 そんな中アンジェリコと再会。幼少期の泣き虫アンジェリコ甘えん坊のラファエロというエピソードとそこに透けて見えるゲルハルト様とダリちゃん。ごちそうさまです。さらにゲルハルト様の後ろに隠れていたアンジェリコエピを勝ち取ったわたしたち、大勝利ですね、、、ありがとう末満さん、、、もっとくれ、、、(デリコズ・ナーサリー正座待機。) ただもうそんな幼少期のふたりはいない、これからよろしくねって微笑んで握手するふたりがひたすら尊い。TRUMPでの2人の結末を知ってるからこそ、残酷で。これから何が起きるの??って思わせるカンフル剤でしかなかった。

アンジェリコはクランのなかのヒエラルキーによって、誰も自分自身を見てくれない、見られているのは特急階級のフラの名前だけ、というさみしい気持ちを持っていて。分かってくれるのは同じ特急階級の家柄デリコ家のラファエロだけだという。まさに「僕は君であり君は僕なんだ。」状態。クランを出たら、ふたりでお父様たちのようになろ!約束ねっ♪()ってすごい熱量でラファエロに迫っているのがもうかわいい、押しに弱そうなラファエロもかわいい。

ラファエロ、幻覚でエミールがウルにみえる

ラファエロ、繭期の幻覚でエミールのことをウルに見え始めると、驚くほど衰弱?情緒不安定になるのがすごい印象的だった。それだけラファエロのなかのウルの存在って大きいと理解。ウル(エミール)ファーストになってるあたり、ダリちゃんに相当ウルのことで躾けられていたんじゃ??と少しかわいそうに思っちゃったよね、、、 ここでエミールの繭期は「世界には希望しかない」って思っちゃう、スーパー前向き天使のような子(ただし気だるげなのがまた、よい。)で、その子のことがウルに見えるっていうのがまた、、、ね。もともと「ウル」って言葉には希望という意味が込められているし(参照:グランギニョル、ウルはラファエロにとっての希望って意味も暗示されているのではないかと思ったり。父であるダリちゃんに認めてもらうための希望ってことなの・・・?そんなあまりにもラファエロが不憫よ、、、そしてウルのせいでラファエロにかまってもらえなくなるアンジェリコ様も不憫よ、、、

かつては繭期だった3人

ふと、グスタフ・ミケランジェロ・ドナテルロのこの3人も繭期だったんだなぁ・・・とよぎる。でも繭期を超えても友達のように接している彼らが大変ほほえましい。今まで繭期のつるんでる子たちはだいたい決裂してるもの。。。 でもこの後の話TRUMPにドナテルロが出てこない、つまり・・・ということを頭の隅に置きながら物語は進んでいく。

ディエゴに感化されるラファエロ

上級階級のディエゴに自分はせまい檻の中にいるということを気づかされるラファエロに対し、アンジェリコは檻じゃなくてその中でヴァンプ社会を背負っていくこと、それが僕たちのノブレスオブリージュだと訴える。アンジェリコが引き留めるに伴って、その分自由になりたい意思が強くなっているように感じるんだよなぁ、、、反抗期なのかなぁ、、、(違う)

アンジェリコラファエロもお父様からの愛がほしかっただけ

序盤の誰も見てくれないの誰もに、まさかアンジェリコの父であるゲルハルト様も含まれていたとは。アンジェリコ視点で考えるとさ、ネグレクトか?!?!こら!ゲルハルト様!!!とか一瞬思ったけど。グランギニョルの我守護発言のときに、アンジェリコが含まれていない問題とかあったけれども!!(これはわたし的に考えすぎと思ってる。) でも血がつながっていなくても、マリアを失ったあとも、一応フラ家の子供として育てている以上、ゲルハルト様の歪んだ愛情だと思ってしまうんだよなぁ~~~(ゲルハルト様モンペ、、、笑)ゲルハルト様自体、お父様から厳しすぎる教育を受けているから、自分がされたことと同じようにしてしまうのを恐れて極端に接しなかったんだと思いたい!!!それにしても声くらいかけてもいいのにね、不器用なんだからほんと。ここはいつか真相を知りたいところ。(お願いします。)

ちなみにアンジェリコ、黒髪ほんのり巻き毛ロングなの、、、レースの手袋もはめててさ。少しでもお父様に近づきたくて、お父様に見てほしくて、そう真似しているのだとしたら。・・・吐血。(フラ家ストーリーはよ、、、!!!!)

なんにも知らないアンジェリコとすべて知っているわたしたち、そんなな中でどうしてこんなに頑張っているのに目にも入れてくれないのだっていう訴えがもうほんとに、つらい。だから余計にラファエロに執着しちゃうんだね。かわいいアンジェリコ

一方ラファエロはダリちゃんからデリコ家次期当主になることはウルを守ることって言われてここまで育てられてきたっていうのがまた。ダリちゃんにウルなしでの自分自身を愛してほしいと思っちゃうのは、やっぱり甘えん坊のラファエロというか。変わってないや〜ん!!!

でもダリちゃんはフリーダ様とスーからの言いつけを守ろうとしてそうなったの、、、ここからすでに歪んでいるんだよね、、、

グラント家とフラ家

この対比しんどっっっっ!!てなったのわたしだけじゃないはず。グラント家当主のイニシアチブを掌握して子供になりすましたダンピールのディエゴのことを、アンジェリコは蔑むけれども。観ているわたしたちはあなたにフラ家の血が流れていないことを知っている、、、君の言った発言はまんま自分にブーメランなんだよ、、、あぁしんどい、、、本当の真実を知らずに死ぬのだけが救いという。(参照:TRUMP)これも残酷な話、、、

血が流れる表現に花びらを

これとてもよかった。血なんだけど、美しいと思いました。だけど、これが後々そうくるかって感じで良かった。白い世界に散る赤い薔薇、ただただ美しい。

アンジェリコの精神崩壊

ラファエロがアンジェリコかウル(エミール)を選ぶシーン。アンジェリコは選ばれずに精神崩壊した瞬間に流れるライネスがもう。もうアンジェリコをいじめないでくれよ、、、、ここまで何回もラファエロに傷つけられていても、どれだけラファエロに突き放されても寄り添おうとする、想像以上に大人だったアンジェリコをよしよししたい、、、そんなモブはきっと受け入れられない、、、までがデフォ。

ダンピールの思想にラファエロが感化されていたこと(結果的にだけど)ラファエロとの決裂のきっかけを作ったダンピール。D版TRUMPでアンジェリコがダンピールをあそこまで毛嫌いするのはここから来たってわかっただけでもよかった。アンジェリコラファエロだけがいてくれればよかったのに、ダンピールさえいなければ、、、っていうのずっと思ってそう。だからD版TRUMPでのあの行動につながるんだよ、、、説得力ありすぎ、、、

でも、そもそも論。ディエゴにCOCOON投与されなかったら何も起こらなかったじゃん。待って、すべてはドナテルロのせい・・・やはりお前、罪は重いぞもう一回くらい出てこい。(観たいだけ)

「その目が好きなんだ」から「そんな目で僕を見ないでくれ」になるまで

ラファエロの目に映る自分はフラ家でもなくただのアンジェリコでいられるから、ラファエロの目が好きだったアンジェリコ(自分本位かわいい) しかし今その目に映るのは選ばれなかった自分。だから「そんな目で僕を見ないでくれ」につながって。

ここはシンプルにラファエロの目が好きなわけじゃなくて、その目に映る自分が好きってこと。つまり、ラファエロの前では自分が好きな自分でいられたってことだろうと。でもそれももう、その目に映る自分は嫌いな自分ってことだと思うと。あああ、これ書きながら涙でてきた・・・

繭期と越繭

クラン先輩のエミールとジュリオの越繭をみて、越繭すばらしいと思いました。エミールも話し方ががらりと変わったし、ジュリオすっかりお兄さんになっていて。 今回ディエゴもいれた3人の友情は繭期だったから本物だったんだ、だから繭期に置いていくんだっていうのが美しい。

グランギニョルは繭期じゃなくても愛してるだったね、、、いろんな繭期があってどれも美しいよ、、、

沈む夕日は1日の死を意味する

何度も出てくるこの言葉はクライマックスで生きてきました。それまで白い繭スタイルだったふたりが、きっとジュリオがふたりからみた色(燃えるような赤)の衣装を纏って出てきたときは鳥肌たったよね。散々突き放されたにもかかわらず、アンジェリコからラファエロに本気で喧嘩するようにもちかけるっていうのが、アンジェリコなりの最後のあがきだったのかな・・・自分を傷つけてまでラファエロと友達になりたかったんだよね、、、アンジェリコ様、、、血はつながってなくてもゲルハルト様の不器用さをしっかり受け継いでいるよ、、、

結局ラファエロとは決別してしまい、ふたりの友情は夕日とともに死んだと連想させるまでが美しい。その後ひとり残されたアンジェリコが、泣き崩れるのがもうみてられない。泣き虫アンジェリコはもういないの回収がここでくるのか・・・と。

ここでゾクゾクするほとかっこよすぎる演出に鳥肌ぶわぁってなって、涙腺も崩壊しました。最後のなにあれ、トラウマになる。アンジェリコの精神が崩壊した瞬間、アンジェリコの心に血が流れた瞬間、燃えるほどの赤を浴びるアンジェリコ、、、(奇しくもTRUMPで最期は燃え死ぬっていうのがまた、、、。)わたしも大量のバラに埋もれてみたい、、、

カテコまで演出するとかまじで、、、

TRUMPシリーズってカテコまで完全なる役のままで、それが結構好きなんだけど、2回目のカテコかな、ラファエロが捌け際に、もう背を向けて歩いているアンジェリコのことを一瞬見てた気がするんだけど、そんな見間違いかもしれない一瞬でさえ涙腺やられたわたしはすっかりラファエロ×アンジェリコ大好きおばさん・・・(どうやらデフォらしいです。見逃さなくってよかった・・・)

全体考察

ラファエロがディエゴのクラン占領事件以降、アンジェリコにあれほどまでに冷たくする理由って、繭期のせいCOCOON投与された状態だったとはいえ、ウルとアンジェリコの選択を迫られたときに、ウルを選んでしまった自分を思い出したくないからでは?とか、アンジェリコモンペだからアンジェリコに都合よく考えてしまっていますけど。笑

冒頭の泣き虫アンジェリコはもういなくなり、甘えん坊のラファエロもいなくなった、と考えると。唯一甘えることのできた(弱さを見せることのできた)アンジェリコにはもう頼らずに、ウルを守って生きていくとラファエロが選んだってことだと思ってる。

でも、あの時感化された自由になりたい思想はどこにいったのか?とか、アンジェリコとともにウルを守っていく選択はできなかったの?とか。終始予想外にアンジェリコ様とジュリオくんに心奪われすぎて、ラファエロを満足に考察できていないのが浮き彫り状態です。悲しい。考察力ほしい。

COCOONの主軸は「友達」らしいけど、確かにいろんなパターンの友達が描かれていました。友達の定義って難しいけど、アンジェリコが攫われてラファエロを連れて行かなくちゃ!!!ってなるエミール&ジュリオからしたらふたりは友達にみえていたってことだよね。それだけでわたしは救われる気がします、、、でも。アンジェリコラファエロの思う友達ってなんだったんだろう、、、

やっぱりもう1度観たい、繭月。わたしの理解力ではまだまだ考察しがいありそうです、、、 速攻でDVD予約したよもう!!!笑

 

[itemlink post_id="3639"]

 

ようやくゲネプロ映像も解禁、、、(これでネタバレするひとが居ないことを願うばかり。)  

▼プロローグの音楽が本当に好き、、、 https://www.youtube.com/watch?v=IKr_qPlvML0   ▼高画質すぎて、泣いた。 https://www.youtube.com/watch?v=kilfFvQ1Kz0

[template id="219"]