brilliant violet*

推しのことをつぶやきたい。wordpressから移転しました。

念願の『キンキーブーツ』観に行ってきたぞ〜!!!

 

宝塚のチケ代値上げとな・・・!!まじか〜、、、でも値上げしても関係なく売れるよ〜〜あのキャパで他の舞台に比べればまだ安い方だし、お金払っても観たいものは観たいもん。笑 でもこう踏み切ったのは昨今のミュージカルブームとやらの影響もありそうですね( ¯ ³¯)

さてさて、念願の!!!念願の!!!!再演が決まってから絶対行くと心に決めていたミュージカル、『キンキーブーツ』観に行って参りました〜!!! なんか観劇するたびに言ってる気がするけど、最高に最高に楽しかった!!!!これはもう過去イチ!!!(決して過去イチの安売りではない。笑)

 
View this post on Instagram
 

たんしおさん(@__shiosinsta)がシェアした投稿 -

1ヶ月ぶり3度目のシアターオーブへ!!全く久しぶり感もないし、座席もほぼ同じ。でも世界は全く違うという。一度始まっちゃえば、もうそこはイギリス・ロンドンというね!!こないだまではニューヨークだったのに!!!!これだから観劇はやめられません~~

ただ、座席は1階最後列で、これでS席( ¯−¯ )って不貞腐れてたし、音響が跳ね返ってちょっとあれだったけど、でも最後列なりの楽しみを見つけまして。 どれだけ乗り出しても、手を掲げても怒られない!!!そうお隣のご婦人とも話してて。そんな利点をフルに活用しました!!結果くっそ楽しかった〜〜!!!!別に歓声OKですとか、改めて言われているわけでもないんだけど、自然と手拍子や歓声があがっちゃう、あげたくなっちゃう、終始そんな盛り上がりでした〜〜♪さすがブロードウェイミュージカル、、! ただ、わたし声が思いのほかかっすかすで歓声あげたくても声にならない声しかでなかった。笑 歓声用の発声練習も必要だなと反省しました。(?)

突然、ドン役の勝矢さんの前座?というのか小芝居?というのかが始まって観客の注目を一気に引き寄せてからの、「♪The Most Beautiful Thing」でもう完全に世界に引き込まれてしまいました。やっぱり音楽が抜群にいい!!゚。(b・∀・b)。

再演決まってから英語版のサントラ聞きまくってたけど、このシーンでこの曲が来るのか!!!とか、こういうメッセージの歌なのか!!とようやく理解し、感動するという毎度のパターン。そしてやっぱり、ローラの登場シーンがダントツで熱い、、、まさに、キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!って感じ。(古い。笑)

ここからはキャスト別の感想を、、、!

小池徹平さん

1789ロナンぶりのてペさん!てぺさんがわたしの初代推しだと言う話はもう何度か言ってるかと思いますが、わたしが人生で初めて買ったDVD、『WaT Entertainment Show 2006 ACT“do”LIVE Vol.4』でやってたお芝居を思い出しては、舞台上のてぺさんチャーリーと比べて「ほら〜〜〜やはりわたしには先見の目があったでしょ~~~」って鼻高々な気分になっておりました。(黙)ちなみにウエンツと山本裕典くんでやってて、あれはあれでかわいくて微笑ましいからぜひ見てほしい。笑

てぺさんって身長ちいさめだし、割と隣にいる春馬さんが大きいからなお小さく見えるんだけど、でも存在感?オーラが主人公なんだよね!!!(いや主役だからそうなんだけど、、、伝われ〜〜!笑)あと、一緒に行った友達が、「小池徹平って歌上手なんだね!透明感ある!!」って言っててなぜかわたしがうれしくなるという。(舞台観ない子は、ドラマ「大恋愛」でのイメージが強かったみたい。わたしは観てないからわからないんですが(;^ω^))

ブロードウェイ作品特有の言い回しとか間とかも完璧で、全然違和感なかったです。むしろテンポ良すぎて~~~!日本人だったら絶対言わない歯が浮くようなセリフもめっちゃ決まってるし、なによりそのセリフをサラッとてぺさんに言われたさ。奥さんがうらやましい。(は?) 「♪Soul of a man」はしっとり歌い上げて泣かせに来るしさ〜〜〜(もちろん泣いた。笑)そう思ったら、ミラノのショーで小鹿ちゃん姿で登場したり!!!笑 振り幅がすごい。颯爽と歩けるようになるのも大変だろうけど、歩けないふりも大変だろうなぁとか冷静に思いました。笑 最後は笑って終わるっていう、ブロードウェイ特有の終わりよければ細かいことは気にしない~~!!なスタイル好きです!!!っていうか、余韻を残して観客に委ねてるのか!って思って、帰り道はその後のストーリーをひたすら思い描いていました。笑

[itemlink post_id="3464"]

三浦春馬さん

春馬さん、、、かっこよすぎて目が点。正直、春馬さん今の今までノーマークだったけど、ひと目見て圧倒されました。イケメン!!!そしていい身体!!!それでいて頭の先から足の先まで素敵な女性でした。そのギャップがまたいいの、、、春馬さん演じるローラはなんかもういろいろ女性目線でリスペクトすべき方だなと認識しました。。。

ドラァグクイーンをドラッグクイーンと思ってたので(ほんとあほ。笑)、正体はよくわからないままとりあえず、女性を尊敬するあまり、女性の格好をしている男性・・・?なの??ぐらいの理解度だったけど、そんなのおかまいなしにストーリーは進むので、こちらとしてもそれ以上はローラの正体は深く気に留めずに話に入り込んでいました。 初登場シーンは、ローラが来るぞ・・・来るぞ・・・って焦らされての登場だったから、こちらとしては声上げる準備万端だったし、盛り上がりがほんとすごかった!!!あとローラが出てくるシーンで割と流れてる音楽(たぶん「♪Land of Lola」)、わたしも流したいと思いました。かっこよすぎる。(残念ながら普通に生きててそんな登場シーンはないんですが。笑)

ローラの突然来る男性の姿にクラっとするし、とはいえ女性らしい動き・ふるまいに色気も感じるし、ほどよくきれいな逆三角形スタイルにも惚れ惚れしました・・・わたしにその女性らしく歩く姿(しかも6センチヒールで!!!!)教えてくれい、、、(´;ω;`)

背後からライトで照らされてジュディオングみたいに歌ってる「♪Hold Me In Your Heart」は美しすぎてもう、、、またそのシーンに入るまでの流れもよいし、絵もとってもきれいだし、、、クライマックスに近づいている感もあって!!!!気持ちが高ぶりました〜〜、、、

春馬さん、声は意外とソウルフルだから、あと声量があればミュージカル界に進出、十分にありえちゃうかもしれないです、、、!!!そういや生ちゃんと『ホイッスル・ダウン・ザ・ウインド』するんでしたね〜!!本格的に参入するんでしょうか、、楽しみだな〜〜♫

ソニンさん

最初、「えっ、声どうしたの??」ってくらい声を作っていらしてとても驚きました。初ソニンちゃんの友達はあれがデフォの声と思ってたみたい。それは違うことと彼女のすごさを必死に伝えました。笑 そんな声でも抜群に「♪The History of Wrong Guys」を歌い上げるし、コミカルな振り付けもこなすし、にじみ出るオタク臭がリアルすぎて良かったよ!!脇を仰ぐ仕草がほんとツボだった!!!笑

改めて原曲を聞くと、原作の方の声に寄せているような気がします。コピー率高すぎぃ・・・

ほんとソニンちゃんは憑依型です、、!!

遠山裕介さん

るろ剣ぶりの遠山さん、、、なんだろう、もうすごい!!!!当たり前だけど、るろ剣のときのかわら版役やらセバスチャンとは全然違うし、むしろ別人。骨太だけど振る舞いが女性なの!!!そして大きい目がさらに大きい!!笑 エンジェルズ全員すごいけど、知ってる顔がいると目線が追いかけちゃいますね。このお方は「♪In This Corner」でレフリーしてるお方です!あの衣装可愛かったし、こちらも原曲に忠実な声色、、、!もはや独壇場だったよ~~~!!!遠山さんのハイトーン、綺麗だった〜〜もう、大拍手です!

 
View this post on Instagram
 

遠山裕介さん(@tohyamayusuke)がシェアした投稿 -

あとラウンドガールのこの方もすごいの。笑 インパクト大きすぎでした、、、

玉置成美さんもお久しぶりだったな、、、「あっ新婚の小池徹平とチューしちゃうのね、、、!」ソニンちゃんのがだいぶあっつかったけど(/ω\)照)とか思ったけど、彼らはそういう次元で生きてないよね。失礼しました。笑

やはりブロードウェイミュージカルのハッピーならオールオッケーな世界好きだわ〜〜2、3時間集中力張り巡らせて伏線とか今後の展開とか色々小難しく考えるような舞台(某TRUMPね。笑)も好きだけど、思ったまま感じたまま声出して笑って、良いパフォーマンスには歓声上げてってできる舞台も本当に楽しかった〜〜 結論、わたしは舞台・ミュージカルを観るのが大好きなんだなと改めて思いました。笑

なんと凱旋公演もあるみたいなので、皆様ぜひ行ってみてくださいね・・・!

[template id="219"]